家財保険・借家人賠償責任保険(借家賠償)は入る必要があるのか?

記事を共有する

もし借家人(入居者)が火事を起こしてしまった場合は?

賃貸で入居している物件の入居者が、
自身の過失(不始末)により火事を起こしてしまった場合、
民法上は故意・過失による不法行為(民法709条)で賠償責任を負います。

民法第709条(不法行為による損害賠償)

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、
これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

しかし、特別法である失火責任法が優先されるため、
重大な過失がなければ借家人には賠償責任が無いとされます。

失火の責任に関する法律

民法第七百九条の規定は失火の場合には之を適用せず。
但し失火者に重大なる過失ありたるときは此の限に在らず。

ただし、不動産賃貸はほとんどのケースにおいて
賃貸借契約上で借家人の原状回復義務を定めており、
借家人は退去時に不動産を借りた時の原状で返さなければなりません

原状回復義務は通常損耗については適用されませんが、
火災により賃貸物件が焼失した場合は原状で返すことができなくなり、
債務不履行責任を負います

民法第415条(債務不履行による損害賠償)

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、
債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。
債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

失火責任法はあくまで民法の不法行為責任(709条)についてであり、
この債務不履行責任については適用されません。

最判昭和30年3月25日民集9・3・385

債務不履行による損害賠償には本法(失火の責任に関する法律)の適用はない。

上記の法律関係を踏まえ、保険の必要性について考えてみましょう。

家財保険とは

家財保険(かざいほけん)とは、
火災等により借家人(入居者)のタンスやパソコン等の家財が損害を受けた時、
その損害を補償する保険です。

家財保険の損害保険金の適用範囲の例

  • 火災、落雷、破裂、爆発
  • 水漏れ
  • 風災
  • 火災
  • 盗難

つまり、大家さん(賃貸人)への賠償とは関係が無いため、
必要がなければ保険をかけなくても良いということになります。

賃貸借契約の条件として不動産会社指定の家財保険を契約しなければならない
ケースも有りますが、その場合であっても必要のない高額な保険金額を
設定する必要はないということになります。

通常の家財保険においては300万円~500万円程度の保険金額ですが、
家財道具を500万円分も持っている方はあまり聞きません。

借家人賠償責任保険(借家賠償)とは

借家人賠償責任保険(しゃっかにんばいしょうせきにんほけん)とは、
入居者の過失により賃貸物件に損害を与えた場合
その賠償責任を補償する保険です。

前述のとおり、借家人の軽過失により火災が発生した場合でも
原状回復義務は失火責任法で免責されませんので、
高額な賠償責任を負うことになります。
したがって、借家人賠償責任保険は基本的に入る必要のある保険といえます。

通常は1000万円程度の賠償保険金額が設定されています。

家財保険・借家人賠償保険を契約する方法

家財保険・借家賠償保険は通常、不動産賃貸借契約を締結する際に
仲介する不動産屋指定の保険に入るのが一般的です。

しかし、不動産屋の指定する家財保険は相場より高いことが多く
また不要な家財保険金額が設定されていたり、
必要のない特約が設定
されていたりします。

賃貸契約の条件として指定の家財保険・借家賠償保険に入ることが
定められていなければ、入居者自身で保険会社と契約することもできますので、
できれば入居者自身で契約するのが望ましいと言えます。

年間保険料の目安

家財保険金額300万円前後、借家賠償保険金額1,000万円の場合で
年間6,000円~8,000円が目安となります。

家財保険に地震特約をつけたり、家財保険金額を高額にしたりすると、
年間10,000円~20,000円程度となります。

借家人賠償責任保険・借家賠償の年間保険料比較

スポンサーリンク

記事を共有する

最新情報をチェックする

コメント

  1. 西山 より:

    アパートに入っています。自分の家財には200万円程度、近隣の住人に対する水漏れ等々の賠償責任では300万円程度、アパートが12部屋程ある大きな建物なので火災を出してしまった場合には7・8000万以上の賠償責任が出そうです。見積もりお願い申し上げます

    • daigakuseiooya より:

      アパートの他の部屋を燃やしてしまった場合でも故意や重過失がなければ失火責任法により賠償責任はありません。

      ただし、現在お住まいの居室の内装部分の原状回復義務がありますので内装を全てやりかえる費用は賠償責任(原状回復義務の債務不履行)があります。ただし金額は500万円程度かと思います。

      入居時に支払う家財保険・借家賠償保険は2年間で1.5万〜2万円位になります。補償内容は家財保険が300万円程度、借家賠償が1000万円〜2000万円程度です。水漏れに関しては別途特約を設けて100〜500万円程度としている保険会社もありますが、火災になれば基本的には500万円以上の保険金額が設定されていることが多いです。保険証券を確認されてみてください。

      なお、家財保険・借家賠償は入居時に仲介業者の指定で入ることが多く、居住中はその保険を更新していくのが一般的ですし、別の保険契約を行い二重保険となると無駄になりますので、一度入居時に加入した保険会社の代理店に問い合わせしてみることをおすすめします。